暮らし

  1. ホーム>
  2. 暮らし>
  3. 保険・年金>
  4. 後期高齢者医療制度>
  5. 新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入が減少する見込みの世帯等に対して、申請により後期高齢者医療保険料の減免を実施します。

減免対象となる後期高齢者医療保険料

令和元年度・令和2年度の後期高齢者医療保険料のうち、納期限が令和2年2月1日から令和3年3月31日までの分が対象となります。

対象となる世帯について

◆減免理由1

新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯

⇒令和元年度・令和2年度の後期高齢者医療保険料のうち、納期限が令和2年2月1日から令和3年3月31日までの分を全額免除します。

◆減免理由2

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれ,次の要件を満たす世帯

⇒令和元年度・令和2年度の後期高齢者医療保険料のうち、納期限が令和2年2月1日から令和3年3月31日までの分を令和元年分の所得金額に応じて一部又は全額免除します。

 ≪要件1≫

世帯の主たる生計維持者の営業収入、農業収入、不動産収入、山林収入、給与収入のいずれかの収入が、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること。

≪要件2≫

世帯の主たる生計維持者の令和元年分の合計所得金額が1,000万円以下であること。

≪要件3≫

収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和元年分の所得の合計額が400万円以下であること。

減免額の計算方法について

減免理由2の減免金額は後期高齢者医療保険料の一部又は全額免除します。減免額は令和元年分の所得金額等によって判定を行います。

計算方法は、減免対象保険料額(A×B÷C)に減免割合(D)をかけた金額です。

  A:世帯の被保険者全員について算定した保険料額

  B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる令和元年分の所得額

  C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の令和元年分の合計所得金額

  D:合計所得金額に応じた減免割合※下記減免割合表を参照

A:世帯の被保険者全員について算定した保険

令和元年度・令和2年度の後期高齢者保険料のうち、納期限が令和2年2月1日から令和3年3月31日までの保険料額が対象となります。

令和元年度後期高齢者医療保険料は、普通徴収の場合は第8期分と随時期分、特別徴収の場合は令和2年2月の年金からの徴収分が減免対象となります。

令和2年度後期高齢者医療保険料は、普通徴収・特別徴収ともに全ての納期分が減免対象となります。

減免の計算では、2年分の保険税額を合計して計算はせず、令和元年分と令和2年分のそれぞれの年度で分けて計算を行います。

B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる令和元年分の所得額

世帯の主たる生計維持者の営業・農業・不動産・山林・給与収入のうち減少が見込まれる収入の令和元年分の所得金額で判定します。

例※給与収入が減少する見込みの場合は令和元年分の給与所得で判定を行います。

営業収入と農業収入が減少する見込みの場合は令和元年分の営業所得と農業所得の合計で判定します。

C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の令和元年分の合計所得金額

世帯の主たる生計維持者の所得と世帯の国保被保険者全員の所得金額の合計で判定します。

合計所得金額は減少の判定を行う営業・農業・不動産・山林・給与所得だけではなく、土地・家屋・株取引の譲渡所得、年金等の雑所得、株の配当所得等が合算されます。

D:主たる生計維持者の令和元年分の合計所得金額に応じた減免割合

主たる生計維持者の令和元年分の合計所得金額によって、10分の10から10分の2までの5段階で計算を行います。

◆減免割合表

主たる生計維持者の令和元年分の合計所得金額

D:減免割合

300万円以下の場合

10分の10

400万円以下の場合

10分の8

550万円以下の場合

10分の6

750万円以下の場合

10分の4

1,000万円以下の場合

10分の2

減免申請に関しての注意点について

◆令和元年分の所得申告が必要です。

減免額の計算には、令和元年分の所得金額が必要になるため、令和元年分の所得申告がない場合は減免の判定を行うことができません。

税務署での確定申告又は町役場での町民税申告をお願い致します。また、転入・転出によって、所得申告先が異なっている場合があります。平成31年1月1日にお住まいになっていた市町村でご確認下さい。

申告後は、所得申告の写しを減免資料とするため、減免申請書等とともに提出して下さい。

◆納付について

減免決定がされるまでの納付金額は当初の金額で納付・口座引落となり、減免決定後は減額後再計算を行った金額で納付・口座引落または還付となります。

減免結果及び減免金額については、減免申請の翌月以降に通知でお知らせ致します。

◆申請期限について

申請期限は、令和3年3月31日になります。

必要書類について

減免申請には、申請書等の書類が必要になります。下記よりダウンロードし必要事項を記載して下さい。

減免理由1:新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、又は重篤な傷病を負った世帯

(1)新型コロナウイルス感染症による後期高齢者医療保険料減免申請書(様式第1号)

(2)新型コロナウイルス感染症の影響による主たる生計維持者の被害に関する申立書(様式第2号)

(3)下記の表にある必要書類

減免理由2:新型コロナウイルス感染症の影響により,主たる生計維持者の収入減少が見込まれ、次の要件を満たす世帯

(1)新型コロナウイルス感染症による後期高齢者医療保険料減免申請書(様式第1号)

(2)収入申告書(様式第5号)及び新型コロナウイルス感染症の影響による主たる生計維持者の収入の減少に関する申立書(様式第6号)
※同一種類の令和元年分の収入と令和2年分の収入の比較のため、令和2年分の収入見込みを算出し記載して下さい。

(3)下記の表にある必要書類

◆必要書類

 

減免理由1

死亡した場合

死亡診断書

重篤な傷病を負った場合

医師の診断書

減免理由2

 

 

 

令和2年1月から12月までの収入見込みが分かるもの(令和2年分所得)

収入申告書(様式第5号)収入の減少に関する申立書(様式第6号)に、給与証明書、事業収入申告書等を添付

平成31年1月から12月までの収入が分かるもの(令和元年分所得)

確定申告書、源泉徴収票、収支内訳書など

保険金等により補填される金額が分かるもの (持続化給付金等の国・県からの給付金は含みません)

保険金等の支払通知、帳簿、契約書の写しなど

事業の廃止、失業したことがわかるもの

廃業届出書の写しなど

 

申請方法について

必要書類を境町役場保険年金課に郵送又は窓口に持参して提出をお願い致します。

必要書類はご連絡していただければ、郵送でお送りしています。また、保険年金課窓口でも配布しております。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

役場1階 〒306-0495 茨城県猿島郡境町391番地1

電話番号:0280-81-1306

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

境町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2020年7月31日
  • 印刷する
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る